高崎の工務店で工業大学卒業者が働き始めると

subpage-img

高崎の工務店で大卒が働き始めると、期待の新人として同僚達に期待されます。



工業大学で、工務店の仕事の基礎にあたる部分を教わっている可能性が高いです。

そのため、新人ではありますが、ある程度の知識を持った人として扱われます。ただ、体力面では現場の人より落ちるので、すぐに息が上がってしまう場合がほとんどです。


初めは疲れやすいことから、あまり重労働はできないですが、徐々に仕事に慣れていくので戦力として認められるようになります。



給料のほうは高崎の物価に合わせているので、結構高額な初任給がもらえます。


ただ、まだ見習い期間と言える状況なため、昇給はまだ見込めないです。昇給は、仕事を上手くこなせるようになったと親方が判断した時です。

工務店に入ってから最初の1年は無理ですが、数年経てば手に職がついてくるので、給料も上がっているはずです。



10年以上働き続けていると、高崎市内を何度も走り回っていることから、市内の道を把握できるようになっている可能性が高いです。地理を覚えることは仕事の効率化につながるので、成長した証と見ていいです。

仕事のほうは、工務店の親方から難しい高所での作業を任せてもらえていると思われます。


一人前、またはベテランとして扱われるようになったことになります。


給料も新人の頃よりも大きく上がっているため、結婚を視野に入れてもいい状況です。また、今後を考えるなら、起業を検討するのも悪くないです。

top