高崎市の工務店については

subpage-img

高崎市は群馬県の中部のやや南西寄りに位置し、人口は約37万人の地域です。



古くから街道の分岐点であり交通の要衝として発展して来ました。


江戸時代には城下町や宿場町として、又、物資の集散や商業地としても栄えて来ました。



人口は1970年以降増加を続けて来ています。


2011年には東日本大震災で、又、原発事故で放射性物質漏れによって産業面でも大きな影響を受けたとされています。
新設の住宅戸数は県内1位となっていて特にアパートなどの共同住宅は高水準で都市型のライフスタイルに移行して来ています。

商業地や住宅地の価格では県内でトップとなっています。

2012年時点では駅の西口前での平米単価は38.7万円、住宅地は平米10.2万円となっていて県内最高価格水準のようです。


高崎市で一戸建て住宅を建てる場合には100年以上の歴史を持つ工務店があり、社員の半数は大工で構成されていることでも知られています。
下請けに任せず自社施工に拘り、伝統ある在来工法の技術を引き継いで来ています。



地元県産の木材を使い最先端の技術も取り入れ、構造計算に基づいた耐震工法を行っていて大空間や大きな開口部のある空間設計も実現して来ています。

自然を取り入れるパッシブソーラーデザインにも取り組み、風土や気候を生かした採光や通風計画に基づいた家造りが行われています。


高崎の住宅造りではコンパクトな住宅を手掛けている工務店も見られます。スキップフロアを取り入れたり、手の届きやすい価格で注文住宅を提供して来ています。

ある工務店では和モダンを得意としていて軒の出の深さによって自然の美しさを感じたり、漆喰を使うことで癒し効果がもたらされこういう面を大切にしているようです。

top